閉じる
株式会社タナカ


HOME > Q&A集

Q&A集
Q&A集

その他のご質問はこちら

筋かい金物関連

告示1460号第1号に対応した筋かい接合金物

2倍筋かい<リベロU>

Q A
2倍筋かい<リベロU>の角孔にはビスを打ってよいですか? 基本は丸孔に6本ビスを打ち込んでください。施工上、筋かいの角度によってビスが端によってしまう場合等に角孔に打ってください。角孔はあくまで”予備孔”になります。
2倍筋かい<リベロU>の取り付け位置を教えてください。 横架材の端面から金物まで90〜170oの位置を目安に取り付けてください。
2倍筋かい<リベロU>は横架材側にビスを打たなくとも耐力は大丈夫ですか? 品質性能試験を行なっており、壁倍率2倍を確保しております。

1.5倍筋かい<リベロ>

Q A
1.5倍筋かい<リベロ>を45×90の筋かいに使用してもよいですか? 品質性能試験データがございませんのでおすすめできません。
45×90の筋かいは2倍の壁倍率となりますので、2倍筋かい<リベロU>をご使用ください。
30×90の筋かいに2倍筋かい<リベロU>のビスをTB-30に変更して施工してもよいですか? 品質性能試験を行っておりません。30×90の筋かいには1.5倍筋かい<リベロ>をご使用ください。

2倍筋かい金具

Q A
2倍筋かい金物で3点留めの筋かい(2倍筋かい金具)と2点留めの筋かい(リベロ)では、強度の違いはありませんか? 同じ試験方法で品質性能試験を行っております。耐力上違いはございません。
施工マニュアルに載っているNGで、2倍筋かい金具の外面合わせはなぜダメなのですか? 内使いで金物を外面合わせにした場合、土台側、柱側に打つビスの端距離が短くなってしまう箇所が出てくるので、材の割れなどの危険性と耐力確保に問題があると考えられるからです。

2倍筋かい<トライ>

Q A
2倍筋かい<トライ>は内使いできないのですか? 横架材や柱へ向けて打つビスのビス孔にエンボス加工がされていないため、筋かいが浮いているように見えてしまう場合がございます。検査の方に指摘されることも考えられますので、外使い専用とさせて頂いております。
床合板の上から施工は可能ですか? 品質性能試験を行っておりませんので、筋かい金物が取りつく部分を切り欠いてご使用ください。

2倍筋かい<マルチ>

Q A
2倍筋かい<マルチ>に追加のビス孔を開けて筋かいに留めてもよいですか? そのような使用方法での品質性能試験は行っておりません。ご使用はおやめください。
2倍筋かい<マルチ>を施工した際、土台側が若干浮いてしまいました。耐力上問題ないですか? きちんと土台に付けて施工してください。浮かせた位置に施工できる金物は2倍筋かい<リベロU>がございます。

コラム・フィット

Q A
ビス孔すべてにビスを打たなければいけないのですか? 筋かい側にTBA-45を8本、柱側にTBA-65Dを8本必ず打って施工してください。
横架材から離して付けても良いですか? 横架材から離して取り付けてはいけません。浮かせた位置に施工できる金物は2倍筋かい<リベロU>がございます。

ヘキサプレートSD

Q A
ヘキサプレートSDは外周専用ですか? 外周専用ではありません。内部の横架材が交差している部分でもご使用いただけます。
90×90の筋かいに使用する際、ビスを長くしなければ耐力は出ないのではないか? TBA-45で90×90の耐力の性能認定を取得しておりますので安心してご使用いただけます。

金物工法用2倍筋かい(床合板仕様)

Q A
金物工法用2倍筋かい床合板仕様を下端に使用する場合、上端も床合板仕様で揃えなければいけませんか? 金物工法用2倍筋かい床合板仕様の場合は揃えずにご使用ください。試験は、柱頭に金物工法用2倍筋かい、柱脚に金物工法用2倍筋かい床合板仕様を施工した状態で行っております。
金物工法用2倍筋かいを在来工法に使用してもいいですか? ご使用いただけます。

このページのトップに戻る


柱接合金物関連

告示1460号第2号に対応した筋かい接合金物

Q A
「は」の判定の柱に「へ」の金物を使用しても良いですか? 該当する告示記号より耐力の強い金物が付くのは問題ありません。
「い」の判定の柱には金物は付けなくて良いのですか? 短ホゾ加工が施してあれば問題ありません。
壁倍率が異なる耐力壁が隣接する場合、真中の柱にはそれぞれに必要とされる金物を両方付けなければならないのですか? 厳しい方の値を採用し、どちらか一種類の金物を施工してください。(2倍と4倍なら4倍)

コンパクトコーナー(床合板仕様)

Q A
コンパクトコーナーを2個使用して10kNに対応できますか? 2個使いの品質性能試験は実施しておりませんので、使用できません。
床合板仕様のコンパクトコーナーは床合板を介さずに取り付けても問題はありませんか? そのような品質性能試験は行っていないため、通常のコンパクトコーナーをご使用ください。
横架材のビスをTB-101に変えれば床合板仕様として使用できますか? 金物本体の刻印は同じですのでご使用できます。

リトルコーナー(床合板仕様)

Q A
リトルコーナーを2個使用して10kNに対応できますか? 隅柱型の品質性能試験で11.5kN(床合板仕様は11.4kN)の耐力を確認しております。その際柱芯から160mmの位置にそれぞれM12のアンカーボルトで土台を緊結してください。
横架材のビスをTB-101に替えれば床合板仕様として使用できますか? 通常仕様、床合板仕様それぞれに別の性能認定番号が刻印されております。ビスを変えての使用は検査で指摘される可能性がありますのでおやめ下さい。

フラットプレートスリム(合板仕様)

Q A
金物を上下逆に取り付けても問題ありませんか? 上下逆に取り付けてはいけません。柱に2本、横架材に3本ビスをとめ付けて施工してください。

フラットプレートSD

Q A
フラットプレートSDの刻印で[柱]側を逆さまにしてもよいですか? 逆さまに取り付けてもビスの位置は変わらないため、問題ありません。
土台が120、柱が105の場合フラットプレートSDを使用してもよいですか? 段付きの箇所にはフラットプレートはご使用いただけません。

オメガプレートSD 10kN

Q A
オメガプレートSDは両面に使用して10kNの耐力ですか? 片面で10kNとなります。
梁継手にも使用できますか? 柱接合専用ですので横架材継手にはご使用できません。

ホールダウンコーナー10kN用(床合板仕様U)

Q A
梁と梁の接合にホールダウンコーナー10kN用を使用しても良いですか? 梁端仕口の接合を含め性能認定を取得しておりますので、ご使用頂けます。通し柱に掛かる胴差しの接合にもご使用頂けます。ただし、引き寄せ機能はございません。
ホールダウンコーナー10kN用のビスを長いものに替えれば枠材仕様として使用できますか? 品質性能試験を行っていないためご使用できません。

シナーコーナー(床合板仕様)

Q A
シナーコーナーの横架材側ビスをTBA-120Dに替えれば床合板仕様として使用できますか? 金物本体の刻印は同じですのでビスを替えてご使用いただけます。
梁と梁の接合にシナーコーナーを使用しても良いですか? 品質性能試験を行っていないため使用できません。

オメガコーナー15kN用(床合板仕様)

Q A
オメガコーナー15kN用は、土台に使用する際、行政に確認が必要なのはなぜですか? アンカーボルトと金物を緊結していないので、アンカーボルトの施工についてご指摘の可能性がございますので事前確認をお願いしております。
オメガコーナー15kN用を使用する際に200mm以内に必要なアンカーボルトは何ですか? アンカーボルト M12をご使用ください。

オメガコーナー20kN用(床合板仕様)

Q A
オメガコーナー20kN用の試験は土台で行い、座金にも指定があるため、桁には使用できないのでしょうか? 土台をしっかり固定するための条件として指定がありますが、桁に関しては柱の引き抜きの耐力を担保できるため、ご使用いただけます。
オメガコーナー20kN用を土台に使用する場合の注意点はありますか? 金物側に近接するアンカーボルト(柱芯から200mm以内)が十分な耐力を発揮できるようにアンカーボルトの径及びアンカーボルトの埋め込み深さをご検討ください。座金は80角をご使用ください。

このページのトップに戻る


ホールダウン金物関連

告示1460号第2号に対応した筋かい接合金物

ビスどめホールダウンHi

Q A
Hi28を両引きで使用する場合も高耐力両ネジボルトを使用しなければならないのですか? Hi28はZ両ネジボルトがご使用いただけます。
Hi43を1階柱脚で使用する場合Zアンカーボルトは何mm埋め込めば良いですか? Hi43を使用する際はZアンカーボルトを使用出来ません。これはホールダウンの引張力がボルトの引張力を上回って破断してしまうためです。オメガアンカーボルトM16をご使用いただければ200mmの埋め込みで53.3kNまで※対応可能です。
※Fc21コンクリート、基礎幅135mmの場合

ビスどめホールダウンEX

Q A
ビスどめホールダウンEXの取り付けは土台面から何mmの位置ですか? 土台面から金物下端まで110mm以上を確保してください。
ビスどめホールダウンEXのアンカーボルト埋め込み長さはいくつですか? 従来品と同じ360mm以上埋め込んでください。

ビスどめホールダウンU

Q A
同梱されている平ワッシャーは必ず使用しなけらばなりませんか? 性能認定の内容にも含まれているため、必ずご使用ください。
座金付ボルトが仕様できない場合、80角座金とM16の六角ボルトを組み合わせてもビスどめホールダウンUの耐力は変わらないのですか? 座金部分の面積、厚さが同じため、耐力に変わりありません。
40kN必要な個所に20kN用のビスどめホールダウンUを2個使用すれば対応できますか? 20kN用2個使いの品質性能試験は実施しておりません。35kN用の2個使いは品質性能試験により57kNの耐力が確認されておりますので、そちらをご使用ください。

耐震Jケーブル

Q A
耐震Jケーブルは何kNのビスどめホールダウンUまで対応できますか? 耐震Jケーブルの短期基準耐力は36.4kNです。ビスどめホールダウンU35kN用まで緊結できます。

偏芯座金付ボルトU

Q A
偏芯座金付ボルトUはビスどめホールダウンU35kN用に対応していますか? 使用樹種に条件はありますが、ひのき類同等以上で対応可能です。
偏芯座金付ボルトは短期基準耐力という表記ですが、偏芯座金付ボルトUがめり込み耐力で表記されているのはなぜですか? 偏芯座金付ボルトは性能試験を行い、試験値である短期基準耐力で運用しております。
一方、偏芯座金付ボルトUは許容応力度設計や告示に基づき、めり込み耐力を算出し、その結果で運用をしているためです。

丸座金付ボルト

Q A
土台側ホールダウン金物に丸座金付ボルトを使用した場合、柱から200mmのアンカーボルトM12は必要ですか? 必要です。
丸座金付ボルトのスプリングワッシャーとビスどめホールダウンUの平ワッシャーは併用する必要がありますか? ビスどめホールダウンUの平ワッシャーを優先に施工してください。
両方ご使用いただくことも可能です。

このページのトップに戻る


羽子板ボルト関連

新腰高羽子板255<あんしん>

Q A
ナットが付属されていないのはなぜですか? 閂ボルトのナットを新腰高羽子板255<あんしん>本体に使用するためです。

新腰高羽子板

Q A
新腰高羽子板ボルトの他にさらに金物をつければ(ほ)対応になりますか? 新腰高羽子板と他の金物を併用した品質性能試験は行っていないため、性能を証明できません。
釘孔付きのものに釘を打てば(ほ)対応になりますか? 釘孔は仮どめ用ですので、釘を打っても(ほ)対応にはなりません。

ビスどめ羽子板<匠>

Q A
ビスを長いものに替えて(ほ)対応になりますか? 品質性能試験を行っていない為ご使用できません。

W羽根U

Q A
閂ボルトの替わりにラグスクリューボルトを使用しても良いですか? 閂ボルト(M12六角ボルト)をご使用ください。ラグスクリューボルトでの品質性能試験は行っておりません。

W羽根-U

Q A
閂ボルトだけで(ほ)対応となりますか? スクリュー釘ZS-50を併用して(ほ)対応となります。

登り梁ジョイント

Q A
付属のM12六角ボルトの替わりにラグスクリューボルトで施工しても問題ありませんか? M12六角ボルトを使用してください。ラグスクリューボルトでの品質性能試験は行っておりません。

このページのトップに戻る


かね折り金物・短ざく金物関連

巾広短冊金物SD L=235・415

Q A
235の方は柱と横架材の接合に使用しても良いですか? 235は横架材継手専用になります。上下階管柱連結に使用する場合は415で対応可能です。
415は梁継手に使用できますか? 使用できます。上下階管柱連結と通し柱に架かる胴差連結にもご使用できます。

巾広短ざく金物

Q A
巾広短ざく金物は(ほ)に使用できますか? 巾広短ざく金物は柱接合にはご使用できません。

かね折り金物SD

Q A
通し柱隅角部の内側から取り付けても良いですか? 必ず外側(外周面)から取り付けてください。

このページのトップに戻る


座金関連

オメガ丸座金70

Q A
オメガ丸座金70はどういった箇所に使用しますか? 大きなめり込み耐力がかかる箇所にご使用ください。すぎ類15.3kN、ひのき類20.0kN、べいまつ類23.0kNまで対応可能です。
オメガ丸座金70に座掘り機能はありますか? 座掘り機能はございません。

スクリュー座金V

Q A
専用工具の六角部の対辺はいくつですか? 19mmになります。
スクリュー座金Vはアンカーボルトをどの程度まで出しておけばよいですか? 土台の天端から5mm程度下げた位置に施工してください。
スクリュー座金Vとアンカーボルトのネジのかかりは最低何mmですか? 15mm程度確保してください。

スクリューワッシャー

Q A
スクリューワッシャーのACソケットの使い方を教えてください。 ACソケットは土台孔の端にアンカーが寄ってしまった時に使用します。専用打込棒を併用し、ハンマーで打ち込んでアンカーを矯正してください。

ゴム付き丸座金<TN-フレックス>

Q A
ゴム付き丸座金のゴムは定期的に交換しなければいけないのですか? ゴムの耐久年数は約100年となっておりますので、基本的には交換不要です。

スプリングワッシャ付き八角座金<エイトスター>・丸座金・角座金

Q A
スプリングワッシャ付きの座金は木痩せに対応していますか? スプリングワッシャはナットの締め付け確認専用ですので、木痩せには対応しておりません。

このページのトップに戻る


火打金物関連

ビスどめオメガ火打600

Q A
梁の材幅が変わっても性能には変わりないですか? Zマーク火打金物HBと同等認定となっておりますので変わりありません。

パイプ火打

Q A
パイプ火打ビス用を施工するのに、何mmのビットを付ければいいですか。 六角ソケットビット(対辺10mm)をご使用ください。

タル木どめSD

Q A
軒先がないため、軒先の内側にタル木どめSDを施工してもいいですか? 認定外になってしまうため、内側の施工はできません。必ず軒先側に施工して下さい。
タル木どめSDを上下逆さまに施工しても耐力は変わりませんか? 認定外になってしまうため、逆さまでの施工はできません。必ず規定の向きを守って施工して下さい。

タルキックU

Q A
施工箇所は軒先だけで良いのですか? ひねり金物の代わりになりますので施工するのは軒先だけです。もちろん軒先だけでなく、棟や母屋にもお使いいただくこともできます。
打ち込む目安はどれくらい見ておけば良いですか? 製品のネジ部が軒桁にすべて打ち込まれていれば問題ありません。

ラフターロック

Q A
ラフターロックの施工で軒の出の決まりはありますか? 梁面から100mm以上を確保してください。
ラフターロックを使用すれば火打ちが省略できるのですか? 当社でお出ししている「屋根倍率計算シート」で決定床倍率を算出してください。その値を許容応力度計算に掛けて安全が確認できれば、火打ちの省略が可能です。
構造用Vカットビスも「屋根倍率計算シート」の計算対象に入っていますか? 構造用Vカットビスは垂木の割れを軽減するのが目的ですので計算の対象にはなりません。
ラフターロックは軒桁と棟木の2箇所だけでよいのですか? はい、垂木と桁、垂木と棟木の2箇所を接合してください。その際できるだけ垂木の同一側面を避けて施工してください。

このページのトップに戻る

TANAKA Co.Ltd.House Materials Industry Section
株式会社タナカ
茨城県土浦市大畑702-1
All Right Reserved,Copyright(c)2000